よしだっちの城跡探訪記(国人別)
城跡探訪記トップへ トップへ
毛利氏関係

越後国から安芸吉田庄に移った一国人衆であったが、元就の時代、中国10ヶ国を制覇し、一躍大大名となる。
広島城跡
毛利輝元の築城、関ヶ原合戦後、福島正則が入る。
郡山城跡
安芸毛利氏の拠点。元就が27歳から生涯を過ごした城。
多冶比猿掛城跡
元就が4~27歳(父弘元隠居~本家を継ぐ)までの間過ごした城。
船山城跡 その2
元就(二男)の異母弟(三男)、相合四郎元綱の城。
鈴尾城跡(福原城跡) その2
毛利氏庶家福原氏の城で、元就の母の里。元就誕生の地は、当城と郡山城説とがある。
桂城跡
毛利氏庶家桂氏(坂氏分家)の城。
日下津城跡 その2
毛利氏庶家坂氏の城。
長見山城跡
毛利氏家臣渡辺氏の城。
田屋城跡 その2
毛利氏家臣内藤氏の城。
星ヶ城跡
毛利氏家臣長屋氏の城と考えられる。
田渕ヶ城跡、吉常山城跡
毛利氏重臣国司氏の田渕ヶ城、毛利氏家臣赤川氏の吉常山城。
天神山城跡
尼子安芸遠征時、陶(大内)軍が陣を張った城。
天神山城跡
元就により誅された毛利氏重臣井上氏の城。
鍋谷城跡、北田城跡
毛利氏家臣井原氏の城とその支城。中郡道抑えの要。
宮尾城跡
厳島合戦で囮城となり、陶軍と戦った毛利の城。
亀居城跡
関が原敗戦後、防長二州に押しやられた毛利氏の東進を牽制する為、福島正則が築城した城。
塩屋城跡
毛利時親が吉田に下向した際追従した、代々毛利氏に仕える重臣粟屋氏の居城。
神辺城跡
紆余曲折の後、杉原氏を経て、毛利氏の直轄となった城。
鞆城跡
毛利氏が足利義昭を鞆に迎えた時の築城。

宍戸氏

陸奥国宍戸から甲田庄に入った。7代元源の際に毛利と和睦。同盟者(家臣)となる。
柳ヶ城跡
宍戸氏、安芸下向最初の拠点。
五龍城跡 その2
甲田宍戸氏の2番目の城。8代当主隆家に元就娘五龍の局が嫁いだ。
祝屋城跡
6代元家築城。元源隠居の城。代々深瀬氏(地名)を名乗る。尼子の代1次安芸遠征を退ける。
海老山城跡 その2
厳島合戦の折り、陶軍に攻められた宍戸氏の城。

熊谷氏

武蔵国熊谷郷から三入荘に入部。元安芸武田の家臣で、当主元直を元就軍に討たれたが、信直の代に毛利の麾下に入る。
伊勢が坪城跡
武蔵国から三入荘に移って来た熊谷氏の最初の城。
高松城跡(高松山城跡) その2
信直が要害、他城・街道の展望を目的として築城、本拠を移す。
神宮寺山城跡
熊谷氏配下の小賀源六の城。

香川氏

相模国香川庄から入部。元安芸武田の家臣で、当主行景を元就軍に討たれたが、光景の代に毛利の麾下に入る。
八木城跡 その2
安芸香川氏の拠点。熊谷信直母の里。
中城跡
香川光景家臣、大蛇退治の香川勝雄の居城。

己斐氏

厳島神社の社神領衆。一時期武田側に就き、当主豊後守宗端を元就軍に討たれたが、直之の代に毛利の麾下に入り、厳島合戦では宮尾城に立て篭もって奮戦した。
古城跡(岩原城跡)
旧己斐城。厳島合戦で宮尾城に立て篭もった豊後守直之の城。
己斐城跡(平原城跡)
有田合戦で初陣の元就と戦って戦死した豊後守宗端の城。
立石城跡(建岩城跡)
己斐城(平原城)の控えの城。

井原氏

毛利氏の家臣。藤原氏を祖とし、足利尊氏より安芸井原の庄を賜り、それ以降井原氏を名乗る。
鍋谷城跡
井原氏の居城。中郡道の抑えの要。
日詰城跡(樋爪城跡)
郡山合戦で当主戦死後、廃絶となった樋爪氏の居城。
戸石城跡
井原氏の家臣、油面太郎左衛門の居城。
北田城跡
井原氏関係の城(資料なし)。
吉川氏(毛利両川の一翼)関係

駿河国吉川邑から大朝新庄の地頭に任じられた。11代当主に元就二男元春を養子として入れた。
駿河丸城跡 その2
安芸吉川氏、大朝新庄に入った最初の城。故国の名を採って、駿河丸なのでしょう。
小倉山城跡 その2 その3
4代経見築城、拠点とする。元就にとって、妻女の里、異母妹の嫁ぎ先、元春の養子先。
日山城跡 その2
11代元春が小倉山城南西の高山要害の地に移築、拠点とする。
今田城跡
吉川氏家臣今田氏の城。今田氏没落後、日山城の支城。
有田城跡
吉川氏家臣有田氏の城。元就初陣の有田合戦では武田元繁、熊谷元直、己斐豊後守宗端など戦死。
木ノ宗山城跡 その2
10代当主興経の城とも?...
元春相続の際、興経は元就らにより木ノ宗山の麓深川の地に幽閉されていた。後、暗殺される。

平賀氏

出羽国平鹿群から高屋に入部。大内氏寄りの弘保、その子の尼子寄りの興貞、結局興貞の城は毛利に落とされ平賀氏は毛利麾下に入る。
御薗宇城跡
3代惟長の築城。15代弘保が白山城に移るまでの平賀氏の拠点。
白山城跡
弘保が200年続いた御薗宇城から本拠を移した城。
頭崎城跡
大内氏寄りの弘保が尼子氏に脅威を感じ、白山城北3km地点に堅固な当城を築城し息子の興貞を城主とした。

天野氏

伊豆国天野郷から志和東に入部。当初尼子側だったが、元就の仲介で大内方となり、毛利麾下に入る。
米山城跡
志和東入部の際、最初の城。11代元定に子が無かった為、12代当主として元就七男元政が養子(当主)として入った城。
生城山城跡 その2
志和東天野氏9代目興定が戦国期に拡大した城。
金明山城跡
新田義貞に従って北朝と戦った天野政貞が初代の城。

山内氏

相模国山内庄から入部。尼子氏と大内氏を行ったり来たりするが、最終的には毛利麾下に入る。
甲山城跡
山内通資築城、安芸での2番目の本拠。
今高野山城跡
山内直通築城。(他資料あまり無し)
茶臼山城跡
山内首藤の城。

和智氏

武蔵国の広沢氏の出。広沢実成が和知庄(旧三次市)に入り和智姓を名乗った。後、吉舎周辺に本拠を移す。9代誠春による元就の長男隆元暗殺説もある。
南天山城跡
2代資実が吉舎に移住し築城。尾道街道から三次盆地へ入る要衡を占める城。後に毛利氏に接収。(隆元の死との関係は?)
旗返山城跡 その2
毛利氏に落とされた、和智氏の同族江田氏の城。
仁後城跡
毛利隆元が饗応を受けた和智誠春の居館とも…

阿曽沼氏

足利氏の庶流、承久の乱の功により下野国阿曽沼郷から下向。中世、大内氏→後尼子氏と就き、厳島合戦や山口遠征では毛利に就く。
鳥籠山城跡
元就に攻め落とされ、毛利氏に就いた阿曽沼氏の本城。
日浦山城跡
西方の見張りの役を果たす阿曽沼隆郷の居城。
枕城跡
阿曽沼氏本城、鳥籠山城の詰城。
伊屋城跡
阿曽沼氏の属城、伊屋支城とセット。
伊屋支城跡
伊屋城の出城。
檜木城跡
阿曽沼近江興郷、又は阪山三四郎の居城。
小早川氏(毛利両川の一翼)関係

備後の守護、土肥実平を祖とする。3代後、沼田荘に本拠を構え、小早川姓を名乗る。更に次代に竹原小早川氏(分家)と分かれる。
有福城跡
源頼朝の側近、沼田小早川家の祖、土肥実平の安芸の本拠。
木村城跡
毛利元就三男隆景が養子(当主)として入った竹原小早川(分家)の本拠。
高山城跡 その2
沼田小早川(本家)の本拠。隆景が竹原の分家から養子(当主)として入城、本家と分家を統合。
新高山城跡
隆景が、高山城、沼田川の対岸に築城、本拠に。
桜山城跡、三原城跡
隆景、三原城築城、本拠にした際、三原城の詰め城に。
賀儀城跡(鍵城跡)
小早川重臣、水軍の将、浦(乃美)宗勝の城。
梨羽城跡
小早川(沼田)九代則平を祖とする梨羽家の城。
松尾城跡
竹原小早川家臣行友氏(?)の城。西条方面の守りの城。
坪生要害
神辺合戦において、小早川隆景初陣の地。

村上氏

備後~伊予の瀬戸内海を分断する三島村上氏。能島、因島、来島水軍。
鎮海山城跡
能島村上氏の武吉が能島から追われて入った城。
青木城跡
一時期、因島村上氏の吉充が寄る本城であった。
青蔭城跡
因島最高所山城、6代吉充が寄った本城。
千守城跡
南北朝時代小早川氏、因島村上氏時代篠塚貞忠の居城。
大可島城跡
足利義昭が鞆滞留中、その警護で因島村上氏当主村上吉充の弟亮康が入った城。

武田氏

安芸の守護。源氏の流れ、源義清が常陸国武田郷から甲斐国に移り武田姓を名乗り、後、安芸国、若狭国に分派。有田合戦で元繁戦死後衰退、2代後光広で滅亡。
銀山城跡 その2 その3
安芸の守護、安芸武田氏の拠点。 不運の武田氏の手より、大内氏、毛利氏の手へと落ちて行く。
牛頭山城跡
銀山城の背後を守る為に築城した、武田一族小河内弥太郎の居城。
戸坂支城跡
武田氏の家臣、戸坂氏の城。

野間氏

尾張国野間荘から入部。大内氏に就き勢力拡大を図ったが、厳島合戦前に毛利氏に滅ぼされる。
矢野城跡
熊谷氏の築城。後、野間氏が入城。厳島合戦前に毛利氏に落とされ滅びた野間氏の城。
天狗城跡
野間氏が築いた海上監視の城。
高尾山城跡
熊谷氏、野間氏が寄った海上監視の城。

三吉氏

藤原兼範が近江国から備後に下向したのを祖とする。尼子氏寄りの存在だったが、1553年よりは毛利氏の麾下に入る。
比叡尾山城跡
藤原氏末裔が備後国三吉に下向し、最初の拠点とした城。
比熊山城跡
1591年、比叡尾山城から移された三吉氏の本拠。
尾関山城跡
比熊山城の出城として築城、三吉氏の家臣上里氏の城。
八幡山城跡
郡山合戦の前哨戦で尼子方の本拠となった三吉氏の支城。
雲雀城跡
三吉氏の家臣、池上氏の居城。
丸山城跡
三吉氏の家臣、上里氏の居城。
狐城跡
大城山城の出城。
姫ヶ嶽城跡
三吉氏の北の抑え、槙原藤五左衛門の城。

高橋氏

駿河国高橋の出。光国の代に備中に移封、次代師光の折り石見へ転封、石見・安芸とまたがって拠点を置く。更に次代の久光の娘は、隣接領の毛利興元の妻女となり、毛利氏とは深い関係となる。
松尾城跡(高橋城跡)
高橋氏の主城の1つ、毛利元就により落城。
高橋城跡(生田城跡)
毛利元就の兄興元の妻女(高橋氏)の里。

その他大内氏関係

その他、大内氏の城、大内氏家臣の城、大内氏に属した城(国衆)。
高嶺城跡
毛利の来襲の備え、大内義長が築いた城。
鏡山城跡 その2
大内氏、安芸、備後の拠点。当時尼子方だった元就の手で落城。
槌山城跡
鏡山城落城後、大内氏の東西条拠点。
曽場ヶ城跡、一ツ城跡 その2
鏡山城落城後、大内氏の安芸、備後の拠点の1つとなる。
発坂城跡
下野国から大田郷に入部した栗栖氏の城。初代高基が築城。
門山城跡
厳島合戦前に元就(元春)により落城、破棄された城。
鞍掛城跡
厳島合戦後、元就に攻め落とされた杉隆泰の城。
map1
広島県+αの城跡探訪分の位置図
map2
日本列島旧国名図
map3
広島市400年前の海岸線

back  comment