tree  鈴ヶ峰(すずがみね)、312m
場所広島市西区鈴が峰町 荘厳な厳島
荘厳な厳島
登山日/天気2008年11月15日(土) 晴れ
メンバー家族4人
マップルート図 憩の森登山口→ウグイス園地→山頂→ヒヨドリ園地→駐車場
 登山:1時間6分(東屋と展望岩で休憩、比高212m)
 下山:25分(小休憩1回)


憩の森登山口
鈴が峰憩の森登山口。
今日も下の娘を背負って登山です。
鈴が峰
登山口横にこんな表示がありますが、
何度見直しても実際の道とは合いません。
添付のルート図の様な感じだと思うのですが...
鈴が峰
入山直後の分岐。
左がヒヨドリ園地、直進がウグイス園地。
ウグイス園地経由で登ります。
鈴が峰
上の娘が遊びながら登るので、
なかなかペースが上がりません。
ジシバリ
ニガナの様ですが、
花びらが多いのでジシバリでしょうか?
東屋
途中の東屋です。
展望はイマイチですが、ゆっくり休めます。
展望岩
東屋からちょっと行くと展望岩に出ます。
展望岩
そこからの展望。
右端が宮島です。
展望岩
同じく、中央左寄りが似島です。
展望岩
展望岩で記念の1枚!
水場
展望岩すぐ先にある水場。
鈴が峰
直進がヒヨドリ園地への下山路、
右上が山頂です。
ここから山頂までつづら折りの道が続きます。
地蔵
地蔵が4体?あります。
隣にイモカタバミ(芋片喰)が咲いています。
地蔵
また地蔵です。
家内安全
交通安全
延命長寿
とありますが、「ぼけ封じ地蔵」です。
モアイ
今度はなぜかモアイです。
観音菩薩
その隣に「観音菩薩」でしょうか?
山頂到着
山頂到着です。
鈴が峰
宮島方面の展望。
以下、ここから反時計周りに360度の展望です。
鈴が峰
似島、江田島、能美島。
鈴が峰
絵下山黄金山鉾取山山系。
鈴が峰
呉娑々宇山牛田山松笠山二ヶ城山高鉢山鬼ヶ城山(白木山山系)。

高鉢山のアップ(中央奥)。うちの裏山です。

鈴が峰
大茶臼山荒谷山岳山
鈴が峰
向山、窓ヶ山
鈴が峰
窓ヶ山のアップ。
鈴が峰
大峯山(中央奥)、西峰(手前)。
鈴が峰
極楽寺山、大野権現山、経小屋山。
展望案内図
展望案内図。
鈴が峰
子供たちはこんな感じです。
宮島
下山間際、宮島辺りが綺麗なので1枚!
記念の1枚!
下山前に4人で記念の1枚!
鈴が峰
ウグイス園地、ヒヨドリ園地分岐。
ウグイス園地から登って来たので、
ヒヨドリ園地から下りてみます。
鈴が峰
下の子は背中で寝ちゃいました。
鈴が峰
上の子は下りでは元気いっぱい突っ走ります。
砂防ダム
砂防ダムを越えます。
下山
下山。
登山口でなく駐車場に直接下りて来たので、
ちょっとビックリです。
鈴が峰
鈴が峰全景。(南側より)
※別日撮影。
(まとめ・総評)
山頂からはほぼ360度の絶景! 2年前に登った時よりも、色々山の名前が分かって楽しかったです。
相変わらず登山者が多く、山頂、道中いろんな方と出会いました。

この登山口からは、途中分岐がいっぱいあり、多分同じ場所に出たり、
ウグイス園地⇔ヒヨドリ園地を行き来する道だと思うのですが、自分が通った道以外は不明です。
正確な地図も無いので、登り(ウグイス園地経由)は「右」と「上」を目指していきました。
下り(ヒヨドリ園地経由)は、分岐はあったものの、ずっと道なりに進めば問題無しでした。

前回(古城山)に続き、ファミリー登山でした。背負子の使い方も慣れて、前回よりも楽でした。
(子供は前向きで、ベルトはキツ目にしました。今度は両肩を繋ぐ胸のベルトを付け様と思います。)
次のファミリー登山はまたレベルアップしてがんばるぞ~!



back  comment


 
 参考資料: 南々社「イラスト版 広島の里山を歩こう!」 、 山と溪谷社「広島県の山」