tree  牛田山(うしたやま)、260.6m
場所広島市東区戸坂桜上町、牛田山 宮島を遠望
宮島を遠望
登山日/天気2009年10月8日(木) 曇り
メンバー単独
マップルート図 戸坂登山口①→山頂→戸坂登山口②
 登山口→山頂:32分(比高215m)
 山頂→下山口:16分(比高165m)


戸坂登山口①
今秋のファミリー登山の下見に来ました。

登山口にある案内板。
↓今回はこのルートです。

戸坂登山口①
この坂道からスタートだった様ですが、
左にある階段を登ってしまいました。

階段を登りきったら左手が墓地で、
右上に尾根が見えるので、数mほど直登します。
牛田山
148mピークから広島南アルプスの北側稜線と
荒谷山などが見えます。
牛田山
振り返ると、松笠山呉娑々宇山
牛田山
148mピーク先の鞍部から
城北高校に向けて下山路があります。

各種地図では×印で通行止めになっていますが、
谷筋を300mも下れば道路に出る様なので、
少々の藪を気にしなければ行けるのでは...
牛田山
最初の分岐、T字路に突き当たります。
左へ...
牛田山
この岩で一休み出来そうです。
牛田山
左はショートカットの道です。
無視して直進...

帰りにこの道を通ってみるが、
時間的にはほとんど変りません。
牛田山
すぐ次の分岐、T字路に突き当たります。
左へ...

右手の木には下山者用の案内板も...
案内板
牛田山
右から早稲田小学校口からの道が合流します。
山頂
山頂到着!
思っていたより狭い。
山頂
展望案内図。
山頂
南側の展望スペースの左いっぱいに寄って
右いっぱいまでの展望です。

鈴が峰宮島安芸小富士、江田島などが見える。
山頂
宮島の辺りをアップ。
山頂
上記展望スペースの右いっぱいに寄って
左いっぱいまでの展望です。

絵下山、黄金山、江田島、安芸小富士など...
山頂
北東の隙間から松笠山と、奥に二ヶ城山
山頂
北西の斜面に数m踏み出すと、
火山武田山荒谷山、野登呂山、権現山。
奥に東郷山なども...
戸坂登山口②
下山は、途中の小コルから急階段を下る。
ここまで車で登ってくれば比高50m程短縮出来る。
宗箇山中腹より牛田山全景。尾長山(右端)までの稜線も見えます。
左は松笠山、バックは呉娑々宇山、右奥は鉾取山です。
牛田山
(まとめ・総評)
今年もファミリー登山をと思い、下見に行きました。
上の娘はもうすぐ6歳なので問題無いのですが、下の娘が先日3歳になったばかりで中途半端な時期です。
去年の秋は背負って登りましたが、今年は14.5キロくらいあるとか...
何とか背負う事は出来そうですが、自分で歩きたがったり、疲れると母親に抱っこをねだります。
結構、急登(子供にとっては)が何ヶ所かあり、3歳で終始歩いての登山は無理かも...
山頂スペースや展望も今イチだったので、別の山を探すかも知れません。

標高ですが、登山口案内板では261.1m、山頂の表示には261m、国土地理院地図には260.6mとなっています。
本サイトでは、国土地理院地図を採用して、260.6mとさせていただいています。

途中追い越して、山頂でご一緒させてもらった年配の女性の方にみかんをいただき、大変おいしかったです。
同じ登山口から登ったらしく、登山口近くにお住まいで、3日に1回くらい登っていて、今年92回目だそうです。
そういえば、登頂直後、落ち葉の掃除を始め、まるで“自分の家の庭の如く”でした。

それと、私の携帯、ソフト○○○なんですが、牛田山の山頂で圏外でした。
市内ど真ん中の遮るもののない山頂なんですが...
先日の剣山でもずっと圏外で(ドコ○は大丈夫でした)、2日目に三嶺に登って、
帰りに祖谷を抜けて池田に出るまで、2日間ずっと圏外でした。どこの山に行っても毎回ほぼ圏外です。
山に限らず、ドコ○やa○はつながるのに、自分の携帯は圏外って事はよくあります。
これって、登山愛好家(特に私みたいにほぼ単独の場合)には、致命的ではないでしょうか...


※二葉山~尾長山~牛田山縦走はコチラ

back  comment


 
 参考資料: 田部戒自「広島市の山を歩く 上巻」、 各種サイト