tree  大船山(たいせんざん) 1,786.2m
場所大分県玖珠郡九重町、竹田市久住町 本日快晴!
本日快晴!
御池の紅葉
御池の紅葉
登山日/天気2014年10月18日(土) 晴れ 時々 雲り
メンバー単独
マップルート図 長者原→雨ヶ池越→坊ガツル→大船山→坊ガツル→諏蛾守越→長者原

 長者原 →坊ガツル:1時間49分(雨ヶ池越経由)
 坊ガツル→段原  :1時間20分
 段原  →大船山 :23分   (昼食、御池往復 約10分)

 大船山 →段原  :15分   (米窪展望地往復 約10分)
 段原  →坊ガツル:53分
 坊ガツル→諏蛾守越:1時間01分
 諏蛾守越→長者原 :54分

    歩行計   :6時間55分
    全工程   :8時間48分


遠征時はいつものごとく、前日夜9時就寝、当日3時前に起床、3時に広島発。
くじゅう遠征のいつもの通り、小倉東ICで降り、耶馬渓経由で九重方面へ...
Googleマップ調べでは、九重ICで降りるより、68km短縮、13分延長になる。高速代、燃料代節約コースです。

1回のトイレ休憩のみで、8時前に長者原着、8時にはスタート!

昨年は紅葉の時期を少し外したので、山麓辺りの紅葉しか楽しめませんでしたが、
今回は大船山山頂直下の御池の紅葉を目指しての日付設定です。

登山口
星生山を見ながらスタート!
タデ原湿原
まずはタデ原湿原を横切ります。
大船山
林道から山道へ入りますが、
ここで外来種の進入を防ぐ為、
靴についた土を落とします。
土石流跡
スタート50分後、土石流跡のカラ沢を跨ぎます。
これは下流方向。
三俣山
土石流跡の沢を渡ってすぐ、右手に三俣山を仰ぐ。
紅葉
そろそろポツポツと紅葉を見始めます。
涌蓋山
坊ガツルまでの中間地点の展望地より...
中央奥が涌蓋山で、左が黒岩山~泉水山の稜線。
涌蓋山
涌蓋山の山頂辺りをズーム!

大分と熊本の県境に位置し、
大分県側では玖珠富士、熊本県側では小国富士
と言うそうです。

身近にあれば登ってみたい山ですが、
ここまで来たら、くじゅうの方に行きたいですね。
三俣山
左を向くと三俣山がデンと...
シロドウダン
展望地から2分も進むと、
ミヤマキリシマの季節には、いつもいっぱいに
花を付けてるシロドウダンが紅葉してます。
ツツジ科の木は紅葉するものが多いのかな...
マツムシソウ
マツムシソウ。

結構濃い紫で、日陰だったと思うのですが、
白飛びしてる... ( ̄д ̄;)
今度から露出低めに設定しておこう...
雨ヶ池越
展望地から6~7分で雨ヶ池越到着!
湿地越しに三俣山
雨ヶ池越
今回4度目で雨ヶ池越に水が溜まっているのを
始めて見ました。

今度はフレアが... ( ̄д ̄;)
これは安物のPLフィルターのせいかな?
雨ヶ池越
振り返って見るとこれくらいですが、
ひどい時は木道がつかる程の池になる様です。
リンドウ
雨ヶ池越のリンドウ。
ヤマラッキョウ
ヤマラッキョウ。
大船山
雨ヶ池越すぐ先でちょっと大船山が頭を出します。
大船山
更に少し先では大船山平治岳も見える所が...
大船山
大船山山頂をズーム!
まだ殆ど人はいない様です。
モミジ
これは鮮やかなモミジです。
坊ガツル
雨ヶ池越から10分で、
坊ガツルが開けるポイントがあります。
平治岳
そこから平治岳大船山
坊ガツル
更に14分で坊ガツルのここまで...
テント場はこの一番奥です。
三俣山
抜ける様な青い空に三俣山が映える! ヽ(*´▽`)/
中岳
中岳(中央左)方面。
坊ガツル
坊ガツルテント場到着!
特に用事も無いので立ち止まる事も無く通過。
平治岳
そこから平治岳
大船山
そして向かう大船山
三俣山
振り返ると、
やはりここでは三俣山が一番存在感があります。
大船山
ここ(右)から大船山に向けて登りが始まります。
紅葉
足元に紅葉が...
紅葉
見上げると...
大船山
登り始めて25分、いつもの大岩ポイントで一休み。
岩に同化してますが、ザックが置いてあります。
紅葉
ここも上下に紅葉。
中岳
更に30数分、展望地から中岳方面。
三俣山
右を向いて三俣山
硫黄山
硫黄山が噴煙を上げてます。
段原
段原到着!
「だんばる」と読みます。
「だんばら」と呼んでいる方が多い様です。
大船山
段原から大船山を仰ぐ。
坊ガツル
坊ガツルを見下ろす。
阿蘇
大船山中岳方面の間。右奥に...
阿蘇
上記右奥をズーム!
左が根子岳、右が高岳。

霞んでますが、阿蘇が見えたのは、
大船山3度目にして初です。 ヽ(*´▽`)/
さあ! 大船山山頂に向けて最後のひと踏ん張りです。
御池の紅葉はどうかな~ (^^)

紅葉
米窪の内側も紅葉してます。
大船山
続々と登っている人達が見えます。
坊ガツル
奇岩越しの坊ガツル。
坊ガツル
...
坊ガツル
坊ガツルのテント場をズーム!
北大船山
振り返って、北大船山、米窪方面。
大船山
んっ! 奥の窪地に水が溜まってる。
大船山
山頂到着!
さすがに紅葉の時期です。
山頂碑には絶えず人が群がっています。
御池
岩場に上がって御池を見下ろす。
ん~! 今イチかな? ちょっと早かったか...
大船山
北に張り出した展望の岩場より...
大船山
ちょっと右を向く。
由布岳
奥に由布岳も見える。(ズーム)
坊ガツル
坊ガツル方面の展望。
阿蘇
阿蘇方面ですが、先ほどより更に霞んでます。
祖母山
ちょっと左を向いて、ズーム!
祖母山です。
昼食
ちょうど12時なのでお昼にします。

インスタントラーメンが作れる様にと買った
モンベルのコッヘルですが、
ちょっと大きかったかな... (^^;)
昼食
この景色を見ながらのお昼でした。
一通り展望を楽しんで、お腹も満たされた事で...
腹ごなしも兼ねて、そろそろ本日のメインイベントの御池にGo~!

御池の紅葉
周りから聞こえて来るに、
まだまだ赤くなるとの事でしたが、
日が当たればそこそこのいい色を出してます。
御池の紅葉
...
御池の紅葉
...
御池の紅葉
...
御池の紅葉
...
御池の紅葉
...
御池の紅葉
...
御池の紅葉
同じ様な写真ばかりで、すみません。m(_ _)m
御池の紅葉
...
御池の紅葉
...
御池の紅葉
...
御池の紅葉
...
御池の紅葉
山頂に戻る途中...
御池の紅葉
少しズーム!
大船山
少し左手。
コーヒー
山頂に戻ってコーヒーの一服!

このケトルは中国製ですが、
先ほどのモンベルのコッヘルに
高さ、幅ともにピタリと収まります。
大船山
先程までは山頂碑には
撮影待ちの行列が出来てましたが、
途切れた様なので、今の内に記念の1枚!
諏蛾守越
帰りのコース、諏蛾守越を確認。(ズーム)
段原
段原をズーム!
北大船山
北大船山をズーム!
平治岳
そして平治岳をズーム!
大船山
...
大船山
...
大船山
山頂碑周辺は今はこんな感じですが...
大船山
ちょっと目を離してる隙に...
大船山
こんなに人が...
山頂に到着してから、1時間半以上経ちました。そろそろ下山します。

大船山
下山開始!
段原
下りはあっと言う間、15分で段原。
ここから昨年の秋も、今年の春も大戸越経由でしたが、変化が無いので来た道を下ります。
その前に、米窪の底が見てみたいのでちょっと寄り道...

窪地
窪地の畔に来ました。
リンドウ
ここにもリンドウ。
米窪
米窪の底。
今は曇り空ですが、スポットライトが...
米窪
アップ!
段原や大船山には何度も来てますが、
初めて見る事が出来ました。 (^^)
北大船山
振り返ると、北大船山。
米窪
米窪の内側なめの大船山
大船山
山頂をズーム!
奇岩群
山頂左方向、米窪の上部に土筆型の奇岩群。
ここから先に進んで、ぐるっと廻って北大船山経由で段原に戻ってもよかったのですが、
坊ガツルから諏蛾守越で帰る体力を温存する為に、来た道を戻ります。

大船山
段原に戻る途中、大船山が日に照らされる。
久住高原
段原に戻って、久住高原を望む。(ちょっとズーム)
坊ガツル
さあ、今から坊ガツルに向けて下って行きます。
大船山
下り始めてすぐに、大船山を振り返る。
ツクシドウダン
ツクシドウダンも紅葉してます。
紅葉
時々紅葉も楽しみながら、もくもくと下る。
坊ガツル
下り始めて50分で坊ガツルの端っこに出て来ました。
平治岳
平治岳を仰ぐ。
大船山
北大船山、大船山を仰ぐ。
坊ガツル
法華院温泉方面に向けて歩きます。
坊ガツル
2本目の沢を渡る。
こちらは法華院温泉の裏手から流れてきます。
坊ガツル
左手に葦を見ながら...

春には右手に、
ミヤマキリシマ、コケモモ、イワカガミ
等が見られます。
ミヤマキリシマ
季節を間違えたミヤマキリシマが萎れています。
坊ガツル
法華院温泉前から坊ガツルを望む。
法華院温泉
振り返って、法華院温泉。
三俣山
法華院温泉なめの三俣山
三俣山
上記をズーム!
所々紅葉してます。
これから北千里ヶ浜に向けて、30分ほど超急登を喘ぎます。
雨ヶ池越より諏蛾守越の方が165mも高いですが、変化に富んだ工程なので、
体力が残っていればお勧めです。

法華院温泉
右の道を上がって来ましたが、
法華院温泉の敷地内を通る道もある様です。
大船山
何段にもなっている砂防ダムのある
大きな沢の左手の山腹を登りますが、
更に左に小さな沢が流れています。

法華院温泉裏の水源は、
砂防ダムの方では無く、こちらの方かな?
坊ガツル
かなり高度を上げました。
坊ガツル
テントもかなり増えています。
この時期最低気温は0度近くになるそうですが...
北千里ヶ浜
北千里ヶ浜はもうすぐ!
北千里ヶ浜
北千里ヶ浜到着!
ふ~ これでやっと急登から開放される。 /(^^;)
もう3時半くらいですが、法華院温泉裏からここまで意外に多くの人とすれ違いました。
法華院温泉に泊まるであろう軽装備の人、テント泊であろう重装備の人、20人くらいとすれ違ったかな...

北千里ヶ浜
北千里ヶ浜を歩きます。
猿岩
振り返ると、ゴリラ(猿岩)が大船山を眺めてます。
諏蛾守越
諏蛾守越を見上げる。
最後の比高50mです。
久住山
左手を見ると、奥に久住山が...
中岳
登りながら、中岳方面。
諏蛾守越
諏蛾守越到着!
三俣山
三俣山を仰ぐ。
大船山
石積みの壁によじ登り、大船山方面を望む。
諏蛾守越
小屋の裏の岩稜を眺めながら、下山開始!
諏蛾守越
岩の道?を途中まで降りて見上げる。
諏蛾守越
そして見下ろす。
硫黄山道路
土石流のカラ沢を渡って硫黄山道路に乗ります。
硫黄山
その沢の下流方向。
硫黄山
上を向くと、硫黄山が噴煙をあげる。
硫黄山道路
硫黄山道路。
ここは落石の危険性があるので立ち止まるなとの事。
硫黄山道路
舗装路になると落石防止の柵があります。
長者原
この辺りから長者原方面の展望が良くなります。
万年山
上記中央辺りをズーム!
左奥が万年山の様です。
硫黄山道路
ここから右に折れて山道に入ります。
土石流跡に沿った湿った粘土質の滑り易い道です。
このまま舗装路を歩く事も出来ます。
粘土質の道
こんな感じの道...
三俣山
三俣山を西側から望みます。
硫黄山道路
そして17分で再度舗装路に出て、
後は最後まで舗装路歩きです。
紅葉
紅葉がキレイ!
下山
下山。
足湯
後は無料の足湯に浸かってゆっくりします...

(´o`) ほ~~~
今回、二徹明けの金曜日の始発で家路に就く。
JRの車内で眠り込んでしまうが、2駅前(8駅間中)で目が覚め、残りは気力で起きてました。
帰ったら皆朝ごはんの時間だったので一緒に...
そのまま寝て、昼過ぎに起きる。その日はゆっくりして、翌日に備え夜9時過ぎに就寝、後は冒頭の通り...
不規則な生活で、体力的にしんどいかな?と思っていたら、何の事は無い、いつもより調子がいい。

最近いいペース(回数)で登っており、今日も暑くも無く寒くも無く、おだやかな気候のせいかな?
歩くペースも良く、特にしんどい区間もなかった。 (´o`)






back  comment


 
山と溪谷社「九重・大崩・屋久島」