大久野島(うさぎの島)(よしだっちの登山日記)北部砲台跡~ひょっこり展望台
 
tree  大久野島(おおくのじま) 96m
場所広島県竹原市忠海町 ひょっこり展望台
ひょっこり展望台
登山日/天気2018年3月11日(日) 晴れ
メンバー私、嫁、下の娘
マップルート図 北側登山口→中部砲台跡→山頂展望台→西側登山口
 
 北側登山口→中部砲台跡:11分
 中部砲台跡→山頂展望台: 5分
 山頂展望台→西側登山口:14分

○休暇村前の案内板の地図
○港前の待合所で入手出来る地図


登山と言うには大げさだが、高所好展望でいい感じだったので、登山日記番外編として紹介します。

ちょっと前、とあるブログで、大久野島が載っているのを見た。
下の娘に教えると、乗り気になったので、行ってみる事にした。娘は初、私は35年振りだ。

35年前に、高校のクラブのレク(遠足)で行ったと思う。
確か、後輩と二人乗り用の自転車で島をひたすら周回した記憶が...

それはさておき、本編へ...

8時30分忠海港発のフェリーに乗るべく、7時に自宅発の予定が、漏れなく7時15分に...
8時15分に忠海港着、第一駐車場は既に満車、嫁にチケット購入を頼み、200m先の第二駐車場へ。
5分前には乗船者の列に並べた。

忠海港
忠海港を後にする...
大久野島
そして、向かう大久野島。
何か巨大な鉄塔が見える...
ウサギ
島に着くと、既にウサギがいっぱい!
皆、えさ(キャベツやにんじん)をレジ袋いっぱいに持参している様だ。

ウサギはえさを求めて寄ってくるが、えさが無いと分ると相手をしてくれない... (^^;)

注意書きには「お菓子やパンを与えないで下さい。」とある。
一部「エサやり禁止」の標識もあるが、道路、道路脇、玄関前 限定の様...

ウサギ
...
大久野島
海辺の気持ちいい道を通って、
まずは休暇村を目指す。
途中、ビジターセンターに寄ってみる。
毒ガス資料館は有料の上、娘も興味が無かったみたいで、パス。

休暇村に着いた。
えさくらいは売っていると思ったが、無かった... (T_T)

案内板
休暇村前にある案内板。
ウサギ
こどもウサギもいる。(^^)
毒ガス貯蔵庫跡
島の北側まで来て、毒ガス貯蔵庫跡。
大久野島
そのすぐ先が砂浜になっていて、
しばらくまったりします。 (´o`)
大久野島
「中部砲台跡 300m」
「北部砲台跡」
とある所で右折。

この先で「中部砲台跡 450m」とあるので、
ここでは「中部砲台跡 500m」が正解かな...
北部砲台跡
すぐに突き当たって、北部砲台跡。

左手を見るが、こちら側には行かない...
北部砲台跡
右手に行ってみる。
登山口
そこに
「中部砲台跡 450m」
「展望台 650m」
とある。

ここを登山口とします。
大久野島
後はひたすら階段の急登が続く。
小久野島
途中、右手の展望が開ける。
小久野島だ!
中部砲台跡
やっと平坦部に出た。
この辺りが中部砲台跡の様です。
巨大鉄塔
左手に巨大鉄塔が...
中部砲台跡
もう一段上の最上部。

鉄塔の足だけ見ても巨大さが分る!
高さ226mで、日本最大だとか。

本土から送電線が伸びてきて、
隣りの大三島に続いている。
中部砲台跡
何か施設の様なものが見える。
中部砲台跡
上記左から回り込んで、降りてみた。
兵舎跡
ちょっと進んでこれ!
兵舎跡の様です。
展望所
上記右手の階段から上の段に戻った。
(鉄塔の所から平地続き)

西側が見渡せる展望所になってる。
展望台
一旦緩やかに下って、正面に展望台。

木の階段が見えるが、
舗装路で回り込む事も出来る様です。
展望台
山頂展望台に到着!
展望台
北側の展望。

中央に忠海港、その背後に黒滝山
展望台
ちょっと右向く。
展望台
更に右を向くと、右に大三島。
展望台
更に右を向いて、西南西方面。

右に小久野島、中央奥が大崎上島。
天気も良く、いい陽気なので、しばらくここでまったりした。 (´o`)

後で知ったが、この展望台、「ひょっこり展望台」と言うらしい。 ( ゚ ▽ ゚ )

30分足らずの滞在だったが、休暇村方面に向けてそろそろ下山する事に...

大久野島
こちら側の道は、気持ちいい!
大久野島
テンション↑↑↑ ヽ(*´▽`)/
大久野島
そろそろ休暇村前の広場が見えてきた。
ウサギ
こんな所にもウサギはいる。

藪のトンネルが向こう側に続いているが、
ウサギの道かな...
大久野島
高度を下げると一旦樹林帯になる。
貯蔵タンク跡
下山直前、右手に貯蔵タンク跡。
西側登山口
西側の海岸横の広場に下山しました。

途中に分岐があったみたいで、
休暇村の裏にも出れたみたいですが、
道なりに進むとここに出ました。
ちゃんと船の時間を計算して行動したはずだったが、
休暇村の前まで来て、土産物を買うつもりだった事を思い出す。

休暇村に入り、かなり急いでの土産物ゲット!
横目に見ると、まだ11時過ぎだが、レストランの前はたくさんの人が並んでる...

で、自分達は港に向かう。急ぎ足で歩いて5分前に港に到着!
11時40分の船に乗った。これを逃すと、次は13時48分だった。 (´_`;) フ~

忠海港
無事、忠海港に帰ってきた。
実はこの後、7年振りに黒滝山に登ろうかと思っていたが、諸事情で取り止めた。

帰りは、西条辺りのファミレスに寄ってお昼にし、14時くらいには帰宅した。

-・-・-・-

大久野島は、
昔は「毒ガス工場」のイメージしかなかったが、今は「うさぎの島」を前面に押し出している様です。
やっぱり、こども連れで行くなら(そうでなくても)、えさを持っていった方が楽しめるかな。

島内ではえさの販売はしていない様です。
忠海港前の売店では「うさぎのエサ」を売っているとか... 多分、固形のやつかな?

後、港に着いて、すぐ左の待合所に地図があるので、まずそれを入手するのをお勧めです。







back  comment


 
 参考資料:なし