tree  野呂山[弘法寺山](のろさん[こうぼうじやま])、788.8m
場所広島県呉市川尻町 瀬戸内の多島美
瀬戸内の多島美
登山日/天気2009年12月22日(火) ほぼ 晴れ
メンバー私、Sさん
マップルート図 川尻登山口→どんどんコース→弘法寺→かぶと岩コース→登山口
 登山口→かぶと岩展望台:1時間40分(比高615m、山頂まで645m)
 かぶと岩展望台→登山口:1時間
野呂山冬の植物観察


登山口
さざなみスカイラインから右にそれ、
すぐ先に、桜の木の下に1合目の標識がある。
ここを登山口とします。
野呂山
しばらくアスファルト道が続くので、
何回か山道(左)があり、そちらを通って、
アスファルト道をショートカットしました。

これが間違いでした。
ショートカット中に正規ルートへの分岐を
パスしたみたいです。(T_T)
野呂山
こんな所に出ました。
野呂山
しかし、右後ろを振り返ると早くも好展望です。

ここから少しの間、
車道、もしくはガードレールの内側を歩きます。
そして、先の左カーブで、
右下から正規ルートが合流し、山道に入ります。
どんどんコース
いきなりうっそうとしたヒノキ林です。
どんどんコース
そして、すぐ林道に出会います。
どんどんコース
林道を詰めると、ヒブナのいる水槽があり、
その先からふたたび山道に突入です。
どんどんコース
沢沿いの気持ちのいい道です。
どんどんコース
沢を右に跨ぎます。
どんどんコース
砂防ダムがあり、
この辺りから右の尾根肌に取り付きます。
どんどんコース
大岩発見!
もちろん登ってみる。
どんどんコース
好展望!
おやっ!遠く微かに高い稜線が...
石鎚山系の様です。(^o^)/
この写真では確認出来ませんが...
岩海
樹林を抜けると、いきなり岩海!
展望台
上記を登ると遊歩道に出、
そのすぐ上に展望台がある。

そこからの展望。
先ほどから見える大きな島は上蒲刈島で、
左の峰が七国見山です。
岩海
右手に岩海...
岩海
振り返っても岩海...
どんどんコース
快適な遊歩道を東に並行移動し、
かぶと岩展望台を目指します。
どんどんコース
途中に東屋(展望台)。
岩海
「岩海」の説明板。
岩海
その横の岩海。
どんどんコース
かぶと岩コースとの合流地点が近付くと、
今度は下蒲刈島が見えてきます。
どんどんコース
かぶと岩コースが右下から合流してきます。
野呂山
大きな松があるので見上げてみます。
かぶと岩展望台
かぶと岩展望台到着!
ここまでで一区切りとします。
野呂山
下蒲刈島、上蒲刈島。
野呂山
左の展望。
大崎上島、大崎下島。
野呂山
右の展望。
左の下蒲刈島の右奥に微かに倉橋島。
更に右、手前の尾根のすぐ上に休山。
野呂山
かぶと岩展望台から氷池に向かう。
途中に立派な松。
案内板
氷池手前の分岐にある案内板。
ニ級峡や安浦方面からの登山道が案内してある。
氷池
氷池。
雪は少ししか残っていないが、
全面氷が張っています。

ここでSさんの知り合いで、
高野山で修行し阿闍梨となったYさんが、
野呂高原の一角で道場(塾)をされているとかで
伺うことに...
歩けば20分くらいですが、
わざわざ車で迎えに来ていただきました。
知足庵
断食道場などをしている「知足庵」です。
奥が旧舎で、手前が最近増築されたそうです。
全部、手作りとか...

ここでコタツに入り、
お茶をご馳走になりました。

そして、
弘法寺に隣接する地蔵堂にも案内してもらいます。
今から車で移動です。
地蔵堂
地蔵堂です。
こちらも手作りとか...
地蔵堂
中は裏手の自然石を利用した仏壇があります。
弘法寺
ここでもお茶をご馳走になりますが、
用意してもらってる間に、弘法寺見学です。

これは参門。
弘法寺
途中、大きな杉が林立。
弘法寺
弘法寺です。
弘法寺
手水鉢が凍っています。
弘法寺
弘法寺前のテラス?からの展望。
弘法寺
振り返ると大岩。
「玉すだれの滝 ここから下へ約3分」とあります。
弘法寺
その先の岩場から、安浦の三津口湾方面。

中央の山(丘陵地)の右奥がJR安登駅で、
こちらからの登山道もある様です。
玉すだれの滝
玉すだれの滝。
期待通り、凍っています。
水(氷)量は今イチの様です。
玉すだれの滝
アップ。
地蔵堂
地蔵堂に戻り、お茶をご馳走になりました。

大きな木の仏像(2mくらい)も作成中です。
特別に見せていただきました。

ここでYさんとはお別れです。
ありがとうございました。m(_ _)m

悩みやストレスのある方、
断食道場や滝修行をお勧めです。→コチラ!
うつ病が治った方もいらっしゃる様で...
かぶと岩展望台
かぶと岩展望台に戻り、記念の1枚!
かぶと岩展望台
倉橋島方面が綺麗です。
かぶと岩展望台
その多島美をアップ!
かぶと岩展望台
上蒲刈島方面をアップ!
奥に石鎚山系の稜線が見えます。

↓中央左の高峰が石鎚山ではないでしょうか?
石鎚山

今から下山開始です。
今度はかぶと岩コースを採ります。
かぶと岩コース
途中の展望。
かぶと岩コース
尾根から植林の谷筋に入り、
ここに出てきました。

「野呂山登山道 かぶと岩コース→」
の案内板があります。
野呂山
すぐ先で、
どんどんコースとかぶと岩コースの分岐です。
登りはここを左に採って、
どんどんコースの予定だったのですが...
野呂山
そこの案内板。
野呂山
すぐ横の沢です。
野呂山
こんな所(右から)に出てきました。

ショートカットなどしなければ、
ここを右に採って、
登って行ったはずだったのですが...
野呂山
下山しました。
あそこに駐車しましたが、
もしかしたら隣の資材置き場の土地かも...
右の土の上にも1台くらい置けます。
野呂山
奥のなだらかな稜線が野呂山(野呂高原)です。
※高鉢槍(2009.3.8)より
(まとめ・総評)
ここも、山頂まで車道が通り、山頂が生活やレジャー空間になっているので敬遠していたのですが、
気持ちのいい山と言う事で、Sさんのお勧めで登って来ました。
実際、沢筋の道、岩海、展望は◎で、氷池や玉すだれの滝も楽しめました。
が、弘法寺まで行きながら、弘法寺山三角点を踏み忘れて来ました。
割とピークハンターな所があるのですが、他が充実していたので、まあいいかって感じです。

Yさんともいい出会いをさせていただき、機会があれば、断食も滝修行もしてみたいと思います。(冬以外で…)
Yさんは月一の滝修行(冬期も)と、年一の山開きでの石鎚登山は欠かさないそうです。

JR安芸川尻駅から登山口までは歩いても20~30分くらいです。
車なら、川尻駅すぐ前の国道185号線「野呂山公園入口」交差点から、さざなみスカイラインに向けて北上、
約1.6kmで左カーブのところの右に案内板あり。それに従い右の小道へ...
200m先でアスファルト道がコンクリートに変わり細くなる。
そこに1合目の標識があり、左(土の上)に1台、右(私有地かも)に数台駐車できます。

冬の植物観察 第二弾!

back  comment


 
 参考資料:南々社「イラスト版 広島の里山を歩こう!」